ロードモバイル召喚獣おすすめは、大きく内政効果と戦争効果のある召喚獣にて考えていく必要があります。具体的には内政向きのロードモバイル召喚獣のおすすめは序盤と終盤で大きく異なり、戦争向けのロードモバイル召喚獣のおすすめは中盤から後半にかけてある程度限られてきます。

この記事では、ロードモバイル召喚獣のおすすめが内政向けと戦争向けの違いについて理解することができ、優先付けてどの召喚獣が自分向きであるかを把握できます。

ロードモバイルの召喚獣のおすすめ内政向け

ロードモバイル召喚獣のおすすめで内政向けのものは、序盤から中盤にかけて「Lv.1召喚の書A:土の精霊」「Lv.1召喚の書B:水の精霊」です。ロードモバイル序盤から中盤にかけては、ヒーローの育成が必要となるのでそれに必要なヒーローの勲章集めにスタミナが不可欠となります。ここで、ロードモバイル召喚獣の水の精霊をおすすめする理由が、「リフレッシュ」というスキルでスタミナを獲得することが可能だからです。

それによって、毎日ローモバで一定時間毎に回復するスタミナに上乗せしてスタミナを「ハートの回復薬」無しにゲットすることが可能となり、ヒーローのレジェンドまでの時間を大幅に短縮する事ができます。そして、ロードモバイル召喚獣の「Lv.1召喚の書A:土の精霊」をゲットすると、他の召喚獣の育成スピードを上昇させる効果があるのでおすすめです。

さて、ロードモバイル召喚獣の内政向けおすすめで中盤から終盤にかけては、「Lv.4召喚の書:ミミック」があげられます。ロードモバイルで戦闘ブーストを上げるためには、ジュエルが必須項目となってきて全装備にレジェンド攻撃力ジュエルを嵌めるには大幅な時間がかかります。もちろん、ロードモバイル召喚獣のおすすめであるミミックを育てること自体が大変ですが、ミミックのスキル「キャッスルトレジャー」は任意のジュエルを獲得する効果があります。

ロードモバイルの召喚獣のおすすめ戦闘向け

ロードモバイル召喚獣のおすすめで戦闘向けのものは、序盤から中盤にかけて「Lv.2召喚の書B:炎の精霊」と終盤にかけての「Lv.4召喚の書:グリムリーパー」「Lv.4召喚の書:メチャトロジャン」です。ロードモバイル召喚獣のおすすめとしてあげている「炎の精霊」は、「ブレイジングトレイル」という敵の低ティア兵隊をバリア越しであってもやつけることが可能なスキルです。

また、ロードモバイル召喚獣のおすすめとしてあげている「グリムリーパー」は、炎の精霊とは逆に「キスオブデス」という敵の高ティア兵隊をバリア越しであってもやっつけることが可能なスキルです。そして、「メチャトロジャン」は主に連合攻撃(ラリー)で砲台をする人にとって嬉しい「トロジャンホース」という軍拡同様の効果があるスキルがあります。

その他にもロードモバイルの戦闘シーンで役立つ召喚獣としてキラービーがあるのですが、あまりにもその育成難易度が高いので万人におすすめできるお品ではありません。ローモバのハイ課金ユーザーなら、キラービーを戦闘用召喚獣として育てていくのもありかと思います。

以上が、ロードモバイル召喚獣のおすすめの内政向け戦闘向けによる解説でした。

ロードモバイル関連

【最大25%OFF】ローモバ課金なら最強割引情報iPhone&android
ロードモバイルの電子書籍
楽天直営iTunesカード販売がスタート(コンビニまで行かなくて済む)

ローモバするための格安スマホ比較

関連記事
ロードモバイル攻略まとめ!初心者の序盤装備から上級者まで
ロードモバイル魔獣討伐ヒーローおすすめ効率について
ロードモバイルで罠城の作り方を間違えると100%ゼロードになる理由


【ローモバユーザーお待ちかねのIGG新作】

オススメの戦闘戦略アプリ