ロードモバイルロードカップは、サッカーFIFAワールドカップが世界中で盛り上がりをみせているときに新たに登場したローモバイベントです。ロードモバイルのロードカップでは、ワンダーベースと6つの要塞をサッカーゴールポイントとして、フィールドマップ上に複数存在するボールを兵隊を使ってゴールまで入れるというものです。

また、その他にもロードモバイルのロードカップでは闇の巣窟にボールをヒットまたは隣接させることによって、闇の巣窟をデリートさせるポイントもあります。このように、ローモバのロードカップでは兵隊を使ってボールをコントロールしながらワンダーベースや要塞の石畳もしくは闇の巣窟デリートを行って総合ポイントをギルド内で貯めたり、個人ポイントを獲得して報酬を得たりします。

この記事では、ロードモバイルのロードカップで簡単に個人戦ポイントのランク3を達成する方法をご紹介します。

ロードモバイルのロードカップの基本事項


ロードモバイルのロードカップでは、兵隊を使ってフィールドにあるボールを蹴ってポイントを稼いでいくわけでありますが兵隊のティア(T1、T2、T3、T4)の部隊によってボールを蹴る能力値が異なってきます。具体的なロードカップでの部隊能力は、以下となっています。

・T1兵隊:ボールを5マス蹴る
・T2兵隊:ボールを2マス蹴る
・T3兵隊:ボールを10マス蹴る
・T4兵隊:ボールを15マス蹴る

以上が、ロードモバイルのロードカップ内での各兵隊ティア事の能力でありますが、これらの部隊を派遣するためにはそれぞれ条件が存在します。ロードカップでボールを蹴るためには通常軍事行動や採集兵隊あるいは供給兵隊を進軍させるための進軍数に依存しますが、進軍数に余力があったとしてもボールを蹴るための出陣条件をクリアしていないと進軍数に余裕があってもボールを蹴ることができません。その条件が、以下となっています。

・T1兵隊のボールを蹴る条件:T1兵隊を1万兵を1ユニットとして1進軍する
・T2兵隊のボールを蹴る条件:T2兵隊を2万兵を1ユニットとして1進軍する
・T3兵隊のボールを蹴る条件:T3兵隊を10万兵を1ユニットとして1進軍する
・T4兵隊のボールを蹴る条件:T4兵隊を20万兵を1ユニットとして1進軍する

つまり、これらの様に例えば各兵隊のティア毎に1進軍させてボールを蹴るための必要兵隊数というものがありますが、兵隊のティアによっては全く兵隊数がないという場合にはロードカップで使用したい軍隊が使えないという事態に直面してしまいます。そのため、ロードモバイルのロードカップでは少し余裕をもって兵隊構築をしておくと後々便利です。

ローモバのロードカップ内ポイントの獲得方法としては、例えばT2兵隊を使用して城周りでボールをリフティングすることによって、進軍スピードのブーストを最大限に高めてからゴールまでボールを運んだりするといったものというように細かに様々なテクニックが存在しますがここでは誰でも簡単にランク3報酬を獲得する方法をご紹介するので、細かいテクニックは省いていきます。

ロードモバイルのロードカップでは一気に高ポイントを狙う

ロードモバイルのロードカップで最も効率が良くて、比較的時間もアイテムも消費しない方法としてやはり一撃必殺を狙い1発で個人戦ランク3報酬を獲得するとうものがあります。つまり、ローモバのロードカップでは、闇の巣窟や要塞ポイントは一切無視してボールをワンダーベース石畳内のゴールのみ狙っていくことが最も重要かつ簡単な方法です。

この方法は、とても楽ではありますが少々気を付けなければならない点が存在し、誤ってワンダーベースを狙うとお城によっては攻撃を受ける場合がありますのでしっかりと注意点を読んでください。まず、ローモバのロードカップでワンダーベース内ゴールへボールを入れる方法は、お城のレベルを問わず強い弱いに関係なく誰でも簡単に狙うことができます。

しかし、ロードモバイルのロードカップでは、自分のお城の強さによって戦略が大きく変わってきます。具体的には、ロードカップで1発ランク3達成をする手順は以下の2つの方法となります。

・兵隊を逃がせる人もしくは攻撃を受けても大丈夫な人の戦略
・兵隊を逃がせられなくて攻撃されるとNGな人の戦略

ローモバのロードカップで攻撃を受けても大丈夫な人の戦略

ロードモバイルのロードカップでは、簡単にランク3報酬を狙う方法としてワンダーベース周辺待機が最も効率が良いです。これは、兵隊が逃がせる人もしくは敵から攻撃を受けてもビクともしない人のロードカップ攻略方法であり、ワンダーの森内に入って近くに飛んできたボールを横取りするという発想です。もちろん、最初のうちは私も、自分で遠くからボールを運んだり、ボールをリフティングして進軍ブースト高めたりしましたが時間とアイテム消費が激しく非効率でした。

ワンダーベース周辺での待機であれば、先述した各兵隊のティア毎のマス目移動を事前に確認して、ボールまでの距離に応じて兵隊を使い分けることによって簡単にワンダーベース内ゴールを獲得することが可能です。ロードモバイルのロードカップでは、一度ワンダーベース内ゴールに入れてしまえばそれ1発でランク3が達成するので、とてもアイテム消費などを考えるとコストパフォーマンスが良いです。

しかし、ローモバのロードカップは多くのユーザーにとって不人気のイベントという声があがっていますが何故だとおもいますでしょうか。もうロードカップをやらない、もしくはイヤだという意見の多くに「アイテム消費」の方が獲得報酬よりも高くつくというものがあります。もちろん、自分で最初からフィールド上のボールを運んでワンダーベースに入れたり、各要塞や闇の巣窟で少量ポイントを稼いでいくというやり方ではアイテム消費が激しく、採算が合わないどころかマイナスになります。

そのため、ロードカップでは敵ギルドがワンダーベースに運んできたボールを横取りする方法によって、タイミング良く自分の兵隊を送り込んでキックをすれば上級の巻物と少量のブーツ使用でランク3を達成することができます。しかも、案外ワンダーベースにはボールがたくさんやって来るので一人で60万ポイントくらい獲得することもできます。(※実践からの話し)

ローモバのロードカップで敵から攻撃をされるとNGな人の戦略

ロードモバイルのユーザーの中では、兵隊を逃がすことが出来ない中途半端な兵数を抱えてしまっているばかりに、ハイパワーからの攻撃を受けるとヤバイという人も存在します。たとえば、そのようなお城の状態でワンダーベース周辺のワンダーの森に突入してボールの横取りを狙おうとしたものなら、化け物からの単騎攻撃がもれなくついてくることがあります。

このようなお城の状態であれば、森に入ってワンダーベース内ゴールを狙うことは絶対に避けてください。少し距離がありますが、ワンダーベース周辺の森に面したフィールドにて待機をしておき、予めワンダーベース石畳から10マス以内若しくは15マス以内(各自のティア数によって変更)をブックマークで記録させておきます。

そして、ワンダーベース石畳のゴールから射程圏内にボールが飛んできたときには、バリア貼れるワンダーベース周辺の森に面したフィールドから一気に進軍させてブーツを連発使用します。ここで重要なポイントとしては、距離が少しあるので進軍時間25%短縮のスピードブーツではなく、進軍時間50%短縮もしくは75%短縮の「スーパースピードブーツ」か「クレイジースピードブーツ」を重ね掛けすることが大切です。

ロードカップでのアイテム消費をケチって、スピードブーツで重ね掛けすると、複数回使用する間に時間が経過して誰かに横取りされる確率が結構高いです。逆に、ロードカップでのアイテム消費をケチる人が大多数であるので、「スーパースピードブーツ」か「クレイジースピードブーツ」を使えば遠くからでも簡単にワンダーベース内1一発ランク3達成ゴールを獲得できます。

ちなみに、ロードカップでアイテム消費をケチってミスした場合は、そのスピードブーツが無駄になるだけではなく、もう一回ワンダーベース内ゴールの横取りをしなくてはならないので、かえって余分のアイテム消費が必要となります。そのため、ここはロードカップでブーツのグレードをケチるよりも一発で決める方がトータル的にコストパフォーマンスが良いです。

以上が、ロードモバイルのロードカップで簡単にランク3達成する方法となります。これまでロードカップで自分が遠くのボールをゴールまで寄せて来てアイテム消費をしてしまっていた人は、この方法を実践することでアイテム消費がとても少なくそして簡単にランク3報酬を獲得することができるので是非チャレンジしてみてください。

ロードモバイル関連

【最大25%OFF】ローモバ課金なら最強割引情報iPhone&android
ロードモバイルの電子書籍
楽天直営iTunesカード販売がスタート(コンビニまで行かなくて済む)

ローモバするための格安スマホ比較

関連記事
ロードモバイル攻略まとめ!初心者の序盤装備から上級者まで
ロードモバイル魔獣討伐ヒーローおすすめ効率について
ロードモバイルで罠城の作り方を間違えると100%ゼロードになる理由


【ローモバユーザーお待ちかねのIGG新作】

オススメの戦闘戦略アプリ